2010
10.18

COP10プレイベント「水でつながる命」

Category: イベント情報
名古屋市上下水道局主催のCOP10関連イベントが先週の16日から本日18日まで行われました。
16日・17日の両日は、栄のオアシス21で木曽川流域の物産展が行われ、木祖村は特産品販売と木曽ヒノキ箸づくり体験を行いました。COP10にからめ箸づくり体験はとても人気で、2日間の両日とも大賑わいでした。
また、桜山商店街とのコラボレーションにより新発売した「さくら咲いだー」は、河村名古屋市長が手に持ちステージで紹介をしてくれました。大変ありがたいことです。
そして、本日18日には名古屋学院大学の体育館会場において、木曽三川流域の自治体が一堂に会する「流域自治体宣言」が行われました。その宣言を務めたのは地元の大宝小学校の児童でした。
流域自治体宣言文は下記のとおり

1.私たちは、森・川・海の水でつながる命を大切にし、その大きな恵みに感謝の心を持ち続けます。
1.私たちは、豊かで清らかな水の環を守り、緑あふれる森林、澄んだ水辺空間を次世代に引き継いでいくために、流域全体の人の和をもって行動します。
1.私たちは、水でつながる自治体間の連携・協働に努め、多様な生物の輪の生息環境を守ります。

箸づくり
関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top