2014
06.25

「水の歴史資料館」下見に行ってきました

本日は午後から名古屋市上下水道局さんが今年の9月にオープンされる「水の歴史資料館」の下見に行ってきました。
というのも、「名古屋市の水源」ということでこの資料館で使われている木材は岐阜県の下呂市さんと、木祖村のものなんです!!本日は、8月に納入する物品の搬入経路等を確認しに、木祖村商工会&実際の製作者の方と一緒に現場を見てきました。

この「水の歴史資料館」は名古屋市の上下水道100周年記念事業の一環で、旧「東山配水場」を改修して整備されているものです。「上下水道に関する歴史・文化的資料や防災に関する情報」等を見ることができる資料館になっています。
まだ内部は非公開なので写真等をお見せすることはできませんが、見たことのない資料がたくさんあり、おもしろかったですよ!!
館内は「木曽三川」をイメージしたエントランスになっていたり、木のぬくもりが感じられるオブジェがあったりと、親しみやすいつくりになっています。
オープンは9月6日(土)予定だそうです!!
ぜひ皆様ご来館ください&下呂市・木祖村からの木のぬくもりも感じてください!!

※名古屋市上下水道局さんの100周年記念事業のHPはコチラ
http://www.water.city.nagoya.jp/100shunen/guide/
関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top