2012
12.17

木祖村で、自然とともに…畜産就農しませんか!?

Category: 木祖村情報
木祖村で畜産就農を目指す若者を募集・支援します!!

木祖村の畜産業は、自家経営のみならず、野菜・水稲農家への堆肥還元や、農地を牧草地
として広範に利用すること(約50ha)で農地の保全面でも大きな役割を担っています。


現在、畜産農家は11戸で、牛の飼育頭数は約350頭で減少傾向です。

28年前に後継者就農があって以来、後継者の就農がありません。
後継者がいないため、高齢化が進行するばかりです。

今後も後継者への継承が可能な畜産農家は数件のみであり、畜産業の維持を図るためにも外部からの就農希望者を早期に確保し育成することやが必要であると考え、就農希望者を広く募り、支援していこうと考えています。
牛


(1)研修事業
畜産業で自立を目指すために、「里親農家」の元で、肉牛や乳牛の飼育全般から、飼料作
物の栽培、人工授精師免許取得などの実践的な研修を行いながら、木祖村への就農定住を支
援します。 地域住民との交流研修や先進農家への視察研修も加えて、木曽地域に馴染みな
がら巾広い仲間づくりをして就農していただきます。
まずは、住宅の確保、研修農家の選定など、研修スタッフが応援します。


(2)就農準備事業
当初から、どのような経営を目指すのか、「就農計画」を立てながら研修を進め、長野県
の「認定就農者」の取得を目指します。徐々に具体的な計画にしていく中で、必要資産の検
討、資金借り入れ、国県村の補助事業を活用して就農実現に向けた支援をします。


(3)就農定着事業
就農にあたって、地域の農業協同組合との連携や、獣医師、専門業者などとの打ち合わせをこなしながら、就農から定着に向けて、定期的な専門スタッフとの現地指導会を開き、現
地課題に対応します。



【農業研修生の受け入れ条件】

(1)応募資格、選考基準等
□ 原則として満18才からおおむね40才までの健康な者
□ 農業への就農、体験や研修などに、強い意欲のある者
□ 普通運転免許以上を有する者(AT限定は不可です)
□ 研修終了後、木祖村に就農して3年以上居住する者
□ 研修中から、地域の行事に参加して地域住民と協調できる者
(地域自治協議会への参加、消防団への参加など文字色


(2)申し込み時期
□ 随時受け付けています

(3)研修可能品目
□ 肉用牛繁殖肥育一貫+採草地 複合経営
□ 酪農+肉用牛繁殖+採草地 複合経営

(4)研修期間と就農時期
□ 原則として2年間の研修期間とし3年目に木祖村で就農することになります。
*就農施設資金を借りるためには2年間の研修が必要です。


(5)募集人員
□ 若干名

(6)住宅の確保
□ 木祖村内での住宅の確保は、営農支援センターで確保します。

(7)研修期間中の生活支援
□ 国の青年就農給付金(年間150万円)の他に、村より年間30万円の補助金を交付します。
※木祖村で就農しない場合は補助金の返還を求める場合があります。

木祖村の自然の中、自然とともに生きる…そんな生き方もいかがでしょうか。

お問い合わせは…
木祖村役場 農林課(木祖村営農センター事務局)
〒399‐6201  長野県木曽郡木祖村大字薮原1191‐1
Tel:0264‐36‐2001  E-Mail:nourin@kisomura.com

詳細はコチラをご覧ください
 ⇒ http://www.vill.kiso.nagano.jp/lifestage/category/industry/agri/chikusanshuunou.html
関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top