2012
03.05

伊勢湾流域圏再生フォーラム

Category: イベント情報
3月3日、名古屋文化短期大学においてネットワーク事務局である「社団法人中部建設協会」が主催する「伊勢湾流域圏再生フォーラムが開催されました。司会は堀川1000人調査隊の服部様。
ブログ4

今回で3回目のフォーラム、「3年目の大交流会」としてネットワークの会員がそれぞれ活動発表をしました。またホール外にはそれぞれの取り組みがパネルなどで紹介され、今回は「木曽のすんき」もこの場をお借りし、パネル展示を行い、
ブログ5

「すんきを下流にも広めることにより、伊勢湾にそそぐ木曽川の上下流交流の発展と遊休農地の解消に結びつく」とフォーラムでもすんきを紹介しました。
ブログ1

木祖支部の3名が「すんき汁」を用意し
ブログ3

フォーラムの参加者全員に「すんき汁」をふるまいました。
ブログ2

最後に司会者は「この各団体の取り組みは、自分たちの地域だけの取り組みかもしれないが、この活動によってやがては流域圏の再生につながっていく」と述べました。
それぞれの団体が環境問題に向き合い、調査研究をしながら本気になって活動を続けています。「ゴミを大人が捨てて、子どもが拾う」という話もありましたが、このような活動をする団体が多くなれば多くなるほど環境は守れていくことは事実であると改めて感じました。
「木曽のすんき」も少しずつではありますが下流の方々にも浸透しはじめ、桜山のアンテナショップでも好調に売れております。
関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top