2010
03.23

白鳥庭園「花見市民茶会」木祖村木工作品展示会

名古屋市熱田区内に、木曽川の上流から下流までの流域をコンパクトにまとめた庭園があります。その名を「白鳥庭園」と言います。中は名古屋市内とは思えない、どちらかと言えば京都の雰囲気を持つ庭園です。庭園内を流れる川には錦鯉がいますが庭園の彩をさらに美しく演出しています。
施設内には本格的な数寄屋建築の「清羽亭」があり、茶会・華道・歌会などに利用されています。
木祖村名古屋出張所と白鳥庭園とのお付き合いは、木祖村名古屋出張所が開所する頃に白鳥庭園所長様からの一本の電話から始まりました。
四季を通じた各催しに参加させていただき、今回開催した作品展示会はこれで3回目となります。市民茶会が開催されることに合わせ、茶道具を製作している木祖村の木工屋さんに展示会を開催していただきました。
展示会は20日(土)のみ1日、観光キャンペーンと物産展は20日(土)から22日(月)の3日間、開催しました。
既に顔なじみのお客様も何人もいます。木祖村にお越しになって下さったお客様や「県道奈川木祖線の木祖村の演出をもう少し考えた方がいいのでは」と提言して下さるお客様もいました。
白鳥木工作品展(1)



関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top