2011
05.24

株式会社スミ設備源流の里緑化事業植樹ツアー

Category: 木祖村情報
去る22日に今年で5回目となりますスミ設備並びに関連会社による木曽川源流の里緑化事業寄付金贈呈式とカエデ植樹、シイタケの菌打ち体験が行われました。今年はスミ設備様をはじめとする76社の会社及び個人から約190万円の寄付をいただき、カエデの苗木600本の植樹が行われました。
寄付金はこれで800万円を超え、カエデは2600本になりました。
寄付金の贈呈式をやぶはら高原スキー場ほのぼのハウスで行い、カエデはスキー場周辺の駐車場の周りに植えました。あいにくの天候でしたが下流から127名、木祖村で地主の菅生産森林組合、村職員、村議員などで30名が参加しました。今年はカエデ植樹の地主であります菅生産森林組合にも草刈機5台の贈呈も行われ、桜山商店街の関わりから椙山女学園の学生16名と講師も参加し交流を図りました。
けして景気が上向き方向ではない中での緑化に対する寄付金、年々金額も増えておりますし、また参加者も増えております。本当に感謝いたします。
スミ設備の鷲見社長さんは、「こうして木祖村を知ってもらう人や協力してくれる人が増えることが大事だ・・・」と言って、常に木祖村のPRをしてくれています。本当に頭の下がる思いで感謝に堪えません。
スミ設備様をはじめとします関連会社の皆様、また参加してくださった方々、本当にありがとうございました。

ブログ用1
寄付金を渡す鷲見社長(左)寄付金を受け取る村長(中)寄付金を受け取る深澤議長(右)

ブログ用5
草刈機を受け取る菅生産森林組合田下組合長

ブログ用2
カエデ植樹

ブログ用3
シイタケ菌打ち(椙山女学園学生)

ブログ用4
参加者全員で記念撮影
関連記事

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top