--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
01.25

白水小学校雪交流事業

本日1月25日、木祖村から南区白水小学校へ雪を運び「雪交流事業」が行われました。
今年で4回目になるこの雪交流事業、今年はダンプ3台分を木曽土建工業株式会社が運んでくれました。
3台あると高く長い滑り台ができます。
ブログ1

今年は南警察署の生活安全課の方や地区の保護司の方、またNPO法人スポーツサポート協会の方々にも来ていただき雪の滑り台づくりが行われました。
ブログ2

雪贈呈式には発起人である株式会社スミ設備鷲見社長があいさつをされ、この雪交流事業の趣旨を説明しました。
ブログ3

なんとスポーツサポート協会所属のプロスノーボーダーがジャンプのパフォーマンスを見せてくれました。
ブログ4

子どもたちはとても楽しそうにソリを楽しんでいました。
本当に楽しそうです。
ブログ5
この雪交流事業を通じて少しでも水の大切さを感じ、またスキーやスノーボードに興味を持ってくれると期待をしたいものです。この白水小学校からプロのスキーヤーやボーダーが誕生するといいですね。
名古屋では雪がほとんど降りませんので、このようなソリ遊びをすることはほとんどないでしょう。子どもたちの冬のよい思い出になったことだと本当にうれしく思います。
関係された方々に心から感謝いたします。

関連記事
スポンサーサイト
Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。